FC2ブログ
Snowy Gardenさんの素材にあるひぐらしのなく頃に全編ネタバレ警告バナーを使用させてもらっています Snowy Gardenさんの素材にある祭囃し編のネタバレ警告バナーを使用させてもらっています 「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム

Taketakaの工房(神殿にする魔力が足りません!)

管理人の好きなものについて書き綴っていきます。 主に、ゲームやアニメなどの話が多くなると思います。 未熟ながらたまにSSを書きます。 また、作品の無断転載や、引用は禁止です。 リンクフリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

時間ないケド『ひぐらしのなく頃に解』やりました・・・

お久しぶりにカキカキ・・・

時間ない中発売日翌日に届いた『ひぐらしのなく頃に解 目明し編~祭囃し編』やっとクリアしました。
今までは目明し編や罪滅し編が出ても買う機会がなくて未プレイだったので、目明し編から始めました。

祭囃し編はまだ出たばかりですので、ここでネタバレは控えますが、その他のレビューをしたいと思います。

以下ネタバレ少々のため、ネタバレを少しでも見たくない方はみないでください。特に目明し編以降はネタバレ強めかもしれません。
なお、『ひぐらしのなく頃に』の第一話の鬼隠し編のみ公式サイトのほうで体験版として、1話まるごとプレイできますので、興味ある方は買う前にDLしてお試しになってみてはいかがでしょうか?


鬼隠し編
ひぐらしのなく頃に第一話にして、数々の謎が散りばめられた話です。
私は暇潰し編が発売してしばらくしてから公式サイトでDLして始めたのですが、いきなり引き込まれてしまいました。
物語は昭和58年鹿骨市雛見沢村が舞台です。
主人公前原圭一が、雛見沢村分校に転校してきて、竜宮レナ、園崎魅音らと出会い、友情を深めていきます。
冒頭では、そんなある日圭一が都会の方へ親戚の葬式が終わり帰って来る所から始まります。
帰ってきからも変わらない友との関係。
そんな時レナの宝探しを手伝っている時に圭一はカメラマンの富竹ジロウから雛見沢村にてバラバラ殺人があったことを聞かされる。
それから圭一は仲間達へ何故そんなことを隠していたのかと疑心暗鬼になっていきます。
そして4年間続いている雛見沢村連続怪死事件なる話を聞きます。
今年も起これば5年連続となる。
そんな中に富竹が奇怪な死を遂げ圭一はますますこの事件に関っていきます。

綿流し編
今日は雛見沢村の隣にある興宮のおもちゃ屋にて部活であると勇み出かける圭一。
おもちゃ屋の店長は盛り上がったお礼にと魅音以外の部活メンバーに人形を渡します。
人形は女の子向けの人形であった為に圭一は他の人にあげようとしますが、人形を貰っていない魅音ではなく、レナにあげてしまいます。
そんな時、圭一が父親といったレストラン「エンジェルモート」にて圭一は魅音に出会うが、本人は魅音の双子の妹詩音だと名乗る。
そこから魅音が詩音と名乗り圭一の前にたまに現れるように。
そんな折、圭一は魅音が人形をもらえないで泣いていたことをレナから聞かされます。
圭一がそのことで魅音に人形を買おうとしますが、買ってあげた相手は本当に魅音の双子の妹詩音でした。
その後連続怪死事件5年目の綿流し祭で、圭一は詩音とともに鷹野三四に雛見沢村では禁とされている、祭具殿への侵入に誘われます。
そして禁を犯した富竹と鷹野が死んだことで圭一と詩音は自分たちが鬼隠しされると脅えます。

祟殺し編
いつもと変わらない毎日。
そんな中に突然部活メンバーの北条沙都子が学校にこなくなり、沙都子の親友の古手梨花に聞くと沙都子の叔父が帰ってきて沙都子を家に閉じ込めているという話に。
沙都子は叔父と叔母に虐待されていた過去があり、今回も叔父が沙都子を虐待していることは明白であった。
数日後、沙都子は学校にきたが、いつもの元気な姿はなくその変わり果てた様子に部活メンバーたちは自分達の無力さに打ちのめされます。
そこで圭一は、沙都子を助ける為に叔父を殺すしかないと心のうちで計画を立て始めます。

暇潰し編
舞台は今までと違い、昭和53年の雛見沢村。
まだダム闘争が続いていたころ、建設大臣の孫が誘拐されるという事件が起こり、今回の主人公赤坂衛が警視庁から出向で雛見沢村に調査しにきます。
そこで、赤坂と古手梨花は出会います。
梨花は赤坂に雛見沢村を紹介して周りましたが、ふと神社の裏手にて赤坂に予言めいたことを話します。

目明し編
今回は園崎詩音が主人公で、昭和57年から話が始まります。
町で不良に絡まれていた詩音が北条沙都子の兄悟史に助けられる所から物語りは動き出します。
叔母のイジメに追い詰められていく北条兄妹。
そんな中詩音は沙都子の兄に頼りすぎて悟史を追い詰める姿に怒りを感じます。
そして綿流しの祭の夜に連続怪死事件の4年目といわれる北条兄妹の叔母の撲殺事件が起こり、数日後に悟史は失踪してしまいます。
詩音はそれから悟史の痕跡を探す為に奔走します。

罪滅し編
今回は圭一とレナが主人公です。
レナが殺人にいたる経緯を部活メンバーに語りだす所から始まります。
話を聞き終えたメンバー。
何故相談しなかったと詰め寄る圭一。
相談しても何にもならなかったと去年の悟史の例をだしていうレナ。
しかし、圭一は罪を許すいう。

皆殺し編
今回は古手梨花が主人公です。
罪滅し編を経て、綿流し祭まで残り2週間前以降に戻れなくなり、自分の長い旅も終わりが近いと感じる梨花と羽生。
そして諦めていた梨花は圭一に予言をして見せます。
的中し、驚く圭一だが、運命は覆せると今までの世界ではしなかった行動を起こし、梨花を驚かせ、梨花に序々に諦めない気持ちを持たせていきます。

後半にいくほどネタバレばかりになるので短めな説明ですが、私は目明し編以降は全部泣きましたし、いい話だと思います。
今まで色々泣きゲームなどもしましたが、罪滅し編などぐっと来る所がありおもわずほろりとしてしまったりしました。
なお、解答編から入らずに是非鬼隠し編から順に話を読んでいってください。
そうでないと多分話しに感情移入は出来ないと思います。
あと、説明下手なので、変になってる分はご了承ください・・・・

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。